飲食店アレルギー情報まとめページはこちら

共働きで仕事と家事育児の両立はできるのか?3人家族の場合

1年半前に妻が育休を終え共働き世帯となりました。そんな我が家の日々の生活っぷりを今回は書いていきます。これから共働きでやっていこうとしている方の参考になればと思います。

共働きの家事育児の分担

ひとり息子(3歳)が保育園に通っており、妻は時短で6時間勤務、私は保育園の送り出しのためフレックスで9時出社にしています。

我が家の一日のスケジュール

6:00 パパ、息子の朝ごはん&保育園の支度

7:30 パパ、保育園送り出しそのまま出勤

9:00 ママ、ゴミ出しなどして出勤

17:30 ママ、会社帰りに保育園お迎え

18:00 ママ、食物アレルギーの食事(経口免疫療法)、買い物、病院(小児科)

18:30 ママ、夕飯とお風呂

21:00 パパ帰宅 おやすみしてママと息子就寝

21:30 パパ、食器洗いと洗濯

スケジュールはだいたいこんな感じ。怒涛のスケジュールです。とくにママが仕事から帰った後の、買い物、夕飯、風呂、寝かしつけのストレスは半端ないです。もう少し私が会社を早く上がれるといいんですが……

土日には平日にできない、部屋の掃除、庭の手入、食料品以外の買い物などしているとやっぱりあっという間に過ぎていきます。正直もう少し子どもと触れ合う時間が欲しいですね。

 

子どもの体調不良で会社をぬける

子どもの体調が悪いと、保育園から会社に呼び出しがあります。具体的には37.5℃以上の熱、嘔吐、またうちの場合だとアレルギー症状がでた場合など、すぐに迎えに行きます。基本的には自分と妻で連絡を取り合い、仕事を抜けられる方がお迎えに行きますが、月初月末などどうしてもお互い厳しい時は、祖父祖母にお願いしていってもらうこともあります。

風邪のときは、これで何とかなるのですが大変なのはインフルエンザなどの長期で休む必要がある病気です。インフルエンザの場合、最短でも5日は保育園に行けないため、その間夫婦どちらかが会社を休む必要があります。そして怖いのはそのインフルエンザをもらってしまった時…… そこからさらに数日、会社に行けなくなってしまいます。こうなると、もうお祭り状態です。(わっしょいわっしょい!)

 

ストレスを感じているのは子どももおなじ

「きょうなにするのー?」

毎朝息子に聞かれるひとこと。

「保育園いくよ」

というと

「はぁーちゃんほいくえんいきたくない」

と言われ

「今日は保育園お休みだよ」

というと

「やったー」

と大喜びします。

保育園には延長保育をお願いしており、朝7:30から夕方5:30まで預けています。実質保育園にいる時間は10時間。小学生のお兄ちゃんだって3時には帰るのに3歳児が10時間ママと離れているのはやはりストレスで、今の状況を変えるため、妻か私が仕事をやめることを考えています。

(保育園に行けば楽しそうに先生のところに走っていってくれるのですが、やはり時間が長すぎて辛いのだと思います。保育園自体ははぁーちゃんも好きだし、いろんなことを体験させてくれるので親としてもありがたいと感じています。)

 

共働きはお金がたまる?

2馬力で働いているのだからさぞやお金はたまるだろう。共働きはそんなイメージを持たれますが、実際にはそんなに貯まりません。

理由は以下です。

・時短勤務だから給料が低い。
・保育料は世帯所得によって決まる。
・3歳未満は割高
・延長保育でさらに保育料が上がる。
・外食が増える

保育園利用料=保育料は世帯所得が上がるにつれ保育料も上がるシステムになっており、片働きよりも共働きの方が世帯所得が上がるため保育料も割高になっていきます。そして3歳未満はさらに割高、そこに延長料金が加算される。共働きにはやさしくない料金設定です。

3歳を超えれば多少貯蓄ができるかもしれませんが、現状、我が家では「妻の収入=保育料」といった状況です。

※保育料は各自治体によっても異なります。

 

会社は理解してくれる?

冒頭のスケジュールを見て疑問に感じられた方もいるかもしれませんが、妻の時短勤務は「出勤時間を遅くして、定時時間に帰宅」という形態になります。朝の保育園の送り出しは私(夫)がやっているので、妻には朝早く出勤してもらって早く帰ってきてもらうこともできます。何故それをしないかというと、これは会社に頼まれたからです。妻の会社は15時以降が忙しくなるらしく、その時間帯にいてもらわないと会社としては困るとのこと。もちろん時短勤務は働く人の権利なので「8時出社の15時退勤にして!」と会社に訴えれば変更してもらえますが、その分職場の同僚や上司に負担がいくことを考えるとなかなか言えないというのが本音です。

私(夫)の会社は、朝の保育園の送りがあるから出勤時間をずらして欲しい、というお願いはすんなり通りましたが、お迎えに行ける時間に帰りたい、は難しいとのことでした。中小企業なので社員が一人抜けるだけでも影響が大きいのです。このように勤務形態については妻も私も職場の状況がわかっているからこそ、強く言えないところがあります。

今の会社はある程度のことは了承してくれますが、それでもまだ共働きで問題なくやっていける環境が整った会社は少ないのではないかと思います。

 

仕事と家事育児の両立

共働き世帯の仕事と家事育児の両立は可能か?各家庭ケースバイケースではありますが、基本的には

両立自体は可能だと思います。

しかし、おススメはしません。

理由は3つ。

子どもとの時間がとれない

平日はもちろんのこと、平日にできなかったことを土日にやるので子どもと触れ合う時間や、子どものことを考える時間がどうしても少なくなってしまいます。子どもといると日々のの些細なことに感動をおぼえますが、その感動もつかの間、頭の中では次の予定のことを考えてしまいます。もっとじっくりいろんなことを体験させて、いっしょに共感して、教えてあげたい、そんな気持ちはあってもなかなか時間が取れないのが現状です。

 

夫婦ともに疲れている

なんとか毎日を乗り切っていますが、基本的に夫婦とも疲れています。半分思考停止のような状態でただただその日を乗り超えている感じです。むかし描いていた「結婚して子どもがいる幸せな生活(妄想)」との激しいギャップにやられています。

 

新しいことを始める時間がない

息子の場合、食物アレルギーをもっていますので自宅で免疫療法を行います。免疫療法はアレルギー症状がでる可能性がある為、病院が空いている時間におこなうのですが、病院が空いている時間に帰ってこれない日があり、うまく進んでいません。もっと、食物アレルギーについて夫婦で話し合ったり勉強したりする時間を作りたいし免疫療法もしっかり進めて早く良くしてあげたいという思いがあります。

食物アレルギーに限らず、何か新しいことを始めるとき、簡単には時間を作れないのが共働き世帯ではないでしょうか。

 

共働き成功パターン

逆にこんな条件の人は共働きでも問題なくやっていけるのではないかと思います。

・親と同居、あるいは実家がすぐ近くにある。
・必ず定時に上がれる(夫婦ともに)
・会社がすぐ近くにある。
・自宅で仕事ができる。
・会社に託児所がある。
・今の仕事が好き、仕事が楽しい。

「同居は墓場」と言いますが、共働きにおいてじーじとばーばの存在は非常に心強いです。協力的であればの話ですが……

 

共働きのメリット

もちろん共働きにはたくさんのメリットもあります。

・専業よりも兼業のほうが精神的に楽
・3歳を超えれば貯蓄がたまっていく
・夫婦がお互い独立しており、配偶者に依存することがない

専業で年中無休で子どものお世話をするより、保育園に預けて仕事と育児を両立したほうが精神的に楽なのではないでしょうか。また、夫婦がお互い収入を得ることで配偶者に依存することがなく、それがかえってお互いのためにもなります。

 

最後に

今回は「共働き世帯の家事育児の両立」についてお伝えしました。専業か、共働きかはケースバイケースで、どちらがいいという答えはありませんが、我が家では今後、妻か私のどちらかが仕事をやめる方向で考えています。片方が仕事をやめたからといって、すごく楽になるかというと、そんなことはないと思いますが、とりあえず状況を変えてみようと思っています(いっそ2人同時に仕事をやめて1年ぐらい「共働かない」生活をしたい気持ちもありますが……)

共働き世帯の仕事と家事育児の両立は、職場の理解や親の助けなどあれば十分可能です。しかし、配偶者や子ども、そして自分がツライと感じたら状況を変えることも大事かなと思います。

まあでも難しいですね、正解なんてないし、ずっと先にならないと今やってることが良かったのか悪かったのかなんてわからないし。考えながら進んでいきたいと思います。

それではまた

こちらもどうぞ
【送料無料】子ども服通販8サイト 送料と返品費用の比較【返品無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA